正しく準備する:高校入試編②

塾長です!

前回は、内申点について説明しました

今回は高校入試当日に点数を取るための

正しい準備をお伝えします

これはズバリ

模試を活用すること

ですね

まず 全県模試ともいえる「白ゆりテスト」

民間の模試ですので強制ではないですが

中2の3月に1回

中3では7月~2月で6回

行われるわけですね

合計7回受験できます

合格判定が出るので

皆さん そこばかり気にされるのですが

最初のうちは気にしなくて良いです

まだ受けていない方は

8月からでも良いので受けて下さい

この様な模試は 通年で受験することに意味があります

毎回テスト範囲が決まっていますので

受験勉強のペースメーカーに適しているからです

塾に通っていれば別かもしれませんが

「どれぐらいのペースで勉強すれば良いのか?」

こういう事に悩むと思います

そういう時は 白ゆりテストの範囲に合わせれば

良いですね

さて 模試を活用する最大のメリットは

他人との比較です

テスト結果が記載された帳票が大きく意味を持ってきます

帳票には 各問題の正答率が出ています

これは全受験者の何%がその問題を正答できたのか?

というデータなわけです

ここに注目すれば

どの問題を解けるようにすればよいのか

が分かりますよね

とりあえずの目安としては

全受験者の50%が正解している問題を間違えていたら

そこを出来るようにしたほうが良いですね

こうすれば

どこを勉強すればよいのか分からない

ということも無くなりますよね

50%の問題ができたなら

次は30% 次は20%とやっていくわけです

こうしていけば

受験には間に合いますよ

要は 何らかの基準を持つという話ですね

お問い合わせ・体験授業

ご質問がある方や体験授業を希望する方は
お気軽にお問い合わせください。

TEL  019-909-0255

【授業時間】平日 16:00~21:30  土曜日 13:00~16:00
【定休日】日曜日・祝日