情報過多の時代

はい

今や情報が溢れています

これは、受験にもそのまま当てはまりますね

我々(現在40代)の頃は

参考書も今ほど多くは無く

いわゆる「定番の参考書」を持っていました

そして、それをひたすら繰り返しました

100回はやってますよね

その中で、いろんな思考法を身につけました

受験勉強のやり方も

私自身はエール出版の「早慶大合格作戦」という本を買い、

地方公立高校・独学・早稲田というケースを探し、

自分に可能な限りアレンジして実践しました

あまり情報が無かったので、その分

やる事を絞れたという面があります

今回、大学受験生を教えていて感じたのは、

YouTubeやネット情報で知った参考書を

いつの間にか買って、中途半端にかじる

こういうケースが意外に多いなと

結局、これは遠回りになってしまいますし

どの参考書も仕上がっていないため

大学受験の高いレベルには通用しません

逆に、本当に悩んで入塾してきて

そこから素直にこちらの指定された参考書を本当に仕上げると

考えられないくらい成績が上がってきます

まあ、こういう事だよなと思いますね

この情報を絞るということ

そして、それをきちんと管理すること

ここが塾の存在意義の一つだと思います

国立2次試験まで、あと3日!

高3生、全員合格の連絡待ってます!

お問い合わせ・体験授業

ご質問がある方や体験授業を希望する方は
お気軽にお問い合わせください。

TEL  019-909-0255

【授業時間】平日 16:00~21:30  土曜日 13:00~16:00
【定休日】日曜日・祝日