国語の指示語




こんにちは!


昔はキャイーンの天野くん


今はミキ昴生似と言われる塾長です!


国語を教えていると


指示語の捕らえ方が、甘いなーと感じます


「~こういうことなので、~~とわかる。」


「つまり、そういうことなのだ。」


「こうすることによって、~に役に立つ。」


「このように、~なのである。」


指示語は、日本語の文章に頻繁に出てきます


問題として、指示語の内容を問う物はありますが


問われない指示語の方が多いのです


指示語の内容を質問すると、的確な答えが返ってきません


文ではなく、単語で答えようとします


たぶん、この種の質問に慣れていないのでしょう


指示語は、日常会話では、幼児でも使っています


「あれが欲しい。」「これとって。」「あれ買って。」などです


会話なら、指示語について共通認識がありますから


いちいち確認しなくても、話が通じます


ところが、文章の書き手と読み手の間では、共通認識がありません


だからこそ、こそあど言葉が出たら、注意が必要です


国語の読解問題が苦手と思っている人は、


指示語にこだわってみましょう


よし!今日も頑張ろう!

お問い合わせ・体験授業

ご質問がある方や体験授業を希望する方は
お気軽にお問い合わせください。

TEL  019-909-0255

【授業時間】平日 16:00~21:30  土曜日 13:00~16:00
【定休日】日曜日・祝日