心が震える

塾長です!

最近、漫画アプリが

やたらと高性能で

今まで読んでいなかった作品を

どんどん読めるようになった

その中で

「あひるの空」(超有名なマンガ)

にハマっている

以下のような言葉があった



上達しないのはセンスがないから。

退いてしまうのは才能がないから。

あの人には 、あのチームにはかなわないから。

人は目指していた何かを断念する時必ず理由をつける。

ナゼか分かるか?

その方が楽だからだ。

ダメならダメでいい。

ただ、自分の努力の足りなさを別の何かのせいにはするな

人が「もうダメだ」っていう限界ギリギリのラインなんてこんなもんじゃない

こんなもんじゃないんだ



詳しくは作品(バスケ漫画だよ)をぜひ読んで欲しいが

これは本当にその通りだと思う

勉強にもそのまま当てはまる

よく我々は

部活と勉強

のように分けて考えてしまうが

これは無関係ではなく相互に関係しあっている

毎年

インターハイに出場しつつ

東大に現役合格する

このような生徒がいると思うが

こういう生徒たちは

部活で時間がない

とかいう

言い訳をしないのだろう

また

上達する過程には

必ずカベがある

そこにぶつかったときに

どう行動できるか

ここにすべてが掛かっている

こういうことを

経験することにこそ

部活や勉強に

没頭する意味があるのだろう

お問い合わせ・体験授業

ご質問がある方や体験授業を希望する方は
お気軽にお問い合わせください。

TEL  019-909-0255

【授業時間】平日 16:00~21:30  土曜日 13:00~16:00
【定休日】日曜日・祝日