勉強だけは、外注できない!!

 塾長のタテイシです!

「なぜ、勉強しなくてはいけないのか?」

この問いに対して、どのように答えれば良いのでしょうか?

私は、以下の様に考えます。

例えば、料理が苦手なら外食をしたり、宅配を頼んだり、スーパーなどでお惣菜を買う事もできます。

掃除などの家事が苦手なら、業者を定期的に利用することもできます。

仕事においても、業務をアウトソーシングできますよね。

こうすると、自分の得意な分野に注力することができます。

このように、世の中の大半の事は外注することができるのです。

しかし、勉強はそうはいきません。

どんなに家庭教師や塾にお金を払っても、それだけでは出来るようになりません。

塾に通っただけでは成績は上がらず、塾で習ったことを自分で復習して初めて身につきます。

最後は、必ず自分でやらなければならないのです。

私は「苦手なことは人に頼むとか外注すれば良い」と思っています。

嫌なこと・不得意なことから逃げるのは、悪いことではないと思っています。

しかし、勉強だけは、もうどうにもなりません。自分でやるしかないんです。

勉強だけは、どんなにお金を積んでも最後はその人自身ですし、家族が代わってあげることもできません。

勉強する力だけは、自分で身につけておかないとダメなんです。

ですので、「勉強嫌い」は一番の問題だと思いますし、人生を損してしまうだろうと思っています。

その子の人生のためにも、何とかしてあげなければと思うのです。

「なぜ、勉強しなくてはいけないのか?」という問いに対しては、

「ただ一つ、他人に頼むことができないのが勉強だから」

というのが一つの回答だと思っています。

 

塾長の教育に対する想いは、こちらをクリック!!